初心者必見!ビットコインの購入方法や買い方をわかりやすく解説

最近はSNSやニュースでも話題になっているため、ビットコインや仮想通貨について知っている人も増えてきているのではないでしょうか。

ビットコインの価格が高騰していると聞き、乗り遅れたと感じている人も多いと思います。

しかし実際にビットコインを購入したという人は、ほんの数パーセントにしか達していません。

今から購入しても決して遅くないのが、ビットコインや仮想通貨の現状です。

ビットコインを購入する前に心得ておくこと

ビットコインを購入する前に、まずは知っておくべき注意点があります。

やみくもに購入すればいいというわけではないので、頭に入れておきましょう。

まずは大手通貨のビットコインから始める

仮想通貨の世界に足を踏み入れるのであれば、まずは草コインと呼ばれる無名の仮想通貨ではなく、きちんと売買が成り立つビットコインでのスタートがおすすめです。

いきなり無名の仮想通貨に投資をしても、そのまま消える可能性があるので気を付けましょう。

チャンスを逃さないため、口座開設だけはしておく

仮想通貨が購入できる取引所は複数ありますが、口座開設は全ての取引所で無料なので早めに口座開設をしておく必要があります。

本人確認に時間がかかるケースもあるので、ビットコインに関する情報集めは口座開設をしてからでも遅くありません。

秒単位で変化する仮想通貨の売買では、買いたいときに買えない状況を作らないのが大切です。

とりあえず少額で試して投資の仕組みを理解する

口座開設ができたら試しに少額で売買をし、投資の仕組みに触れてみましょう。

実際に自分で投資をすると、同じスマートフォンの画面ですら世界が違って見えます。

ビットコインの購入方法や買い方の流れ

ビットコインを購入したいのであれば、買い方の流れを知っておく必要があります。

購入方法はどの取引所でも変わりがないので、一連の流れとして理解しておきましょう。

まずは口座開設をする

まずは、どの仮想通貨取引所でも口座開設をする必要があります。

仮想通貨は現実世界の紙幣や硬貨と違うため銀行に預けられず、仮想通貨専用の口座(ウォレット)を用意することで、購入の準備が整います。

口座開設は取引所のホームページからメールアドレスで登録し、氏名や住所などの本人情報を入力するだけです。

運転免許証などの本人確認書類を写真に撮ってアップロードする必要がありますが、10分程度で済ませられる手続きなので、面倒くさがらずに早めに取り掛かりましょう。

住所確認の郵便物が届いたら本人確認は終了ですが、到着まで2週間程度かかるケースもあるためたとえ数時間でも早く済ませておくのがおすすめです。

銀行振込やコンビニで入金する

順調に口座開設ができたら、ビットコインを購入するための資金を入金しましょう。

入金方法は銀行振込、クイック入金、コンビニ入金の3パターンがほとんどですが、それぞれ手数料が違うため要注意です。

どの取引所でも銀行振込の手数料が一番安いので、特別な理由がない限り銀行振込にするのが得策です。

販売所や取引所で仮想通貨を購入する

自分専用のウォレットに資金を入金したら、次は実際に購入してみましょう。

ちなみにほとんどの取引所でクレジットカード決済ができますが、購入する仮想通貨の相場によって手数料が変動するため避けるのがベターです。

仮想通貨取引所の中には販売所と取引所があり、販売所は指定された金額で直接ビットコインを購入、取引所ではユーザー間で売買、という違いがあります。

どちらでもビットコインを購入できますが、大半のユーザーは取引所での売買を選択しているので、販売所より取引所を選ぶ理由も説明していきたいと思います。

販売所よりも取引所で購入するのがおすすめ

ビットコインの購入は、販売所よりも取引所を利用するのがおすすめです。

簡単に説明をすると販売所は直接運営している企業からの購入ですが、取引所は株の売買のように買いたい人と売りたい人の価格が一致したときに売買が成立します。

確実に購入できるのが販売所ですがその分手数料が高く、利ざやとして売買の差額を利益とする投機家の人たちには向いていません。

投資をするうえで手数料が高いと損をしてしまうため、販売所よりも取引所の利用がおすすめになります。

複数の取引所で口座開設しておくとリスク減!

ビットコインの購入方法について紹介してきましたが、口座開設は複数の取引所で済ませておくのがおすすめです。

仮想通貨は資産が全てネット上にあるため、取引所が破産をしたりハッキングなどの攻撃を受けると資産が全て消えてしまいます。

保管場所を分散させておくだけでも、トラブルが起きたときのリスクを最小限に抑えられるでしょう。

さらに取引所によって取り扱っているアルトコインの種類が違い、1つの取引所のみで口座開設をしているとすぐに他の仮想通貨に参入できないケースもあります。

最低でも日本国内で有名なビットフライヤー・コインチェック・ザイフの3社で口座開設をしておくと、ほとんどの通貨で売買ができ安心です。

3社とも口座開設は無料なので、仮想通貨を買いたいときに買えないなんて状況に陥らないようにしましょう。

ビットコインの始め方|初心者でも失敗しない投資方法について解説

最近は仮想通貨である「ビットコイン」に興味を持ち始めている人も増えてきていると思います。

しかしほとんどの人が仮想通貨について多少の知識を持っていても、実際に購入した経験がないのではないでしょうか。

このページでは、初心者でも失敗しないビットコインの始め方を紹介していきたいと思います。

ビットコインの購入をする前に知っておくべき注意点

ビットコインを始めるためには、あらかじめ知っておくべき注意点があります。

ただ漠然とビットコインを購入するのではなく、注意点を抑えたうえでビットコインの購入をしましょう。

  • 仮想通貨の大手であるビットコインから始める
  • チャンスを逃さないために口座開設だけはしておく
  • とりあえず少額から試して投資に触れてみる

仮想通貨の大手であるビットコインから始める

仮想通貨の売買を始めるときは、大手の銘柄であるビットコインからスタートさせましょう。

草コインと呼ばれる無名の仮想通貨を購入する選択肢もありますが、無名の仮想通貨では売買をすることなく消滅する恐れもあります。

まずはビットコインで仮想通貨取引の仕組みを知り、売買を成立させることが重要です。

チャンスを逃さないために口座開設だけはしておく

ビットコインはアプリなどで価格変動を確認できますが、仮想通貨専用の口座を開設しないと購入できません。

口座開設さえしておけば、あとは自分の好きなタイミングで入金・売買ができるので早めに口座開設をしておくのがおすすめです。

仮想通貨に関する情報収集は、口座開設をした後でも問題ありません。

とりあえず少額から試して投資に触れてみる

ビットコインを始めるときは、まず少額で売買をして投資という仕組みに触れてみましょう。

実際に口座を開設してみると、同じ価格変動を見ているだけでも世界が違ってみえます。

どのように売買をしたら利確を生み出せるのか、実際に自分で体感するのが一番です。

ビットコインを始めるときに必要なものまとめ

ビットコインを始めるときは注意点を理解するほかに、あらかじめ準備しておくべきものがあります。

仮想通貨の売買には、下記の3つが揃っていれば問題ありません。

  • インターネット環境が整っているスマートフォンやパソコン
  • ビットコインを購入するための資金
  • ビットコインを管理する専用のウォレット(口座)

仮想通貨の売買は全てインターネット上でおこなうため、常にインターネット環境が整っている必要があります。

ビットコインを購入するには日本円での入金が必要なので、資金を数千円〜数万円程度準備しておきましょう。

ここまで準備ができれば、あとは仮想通貨取引所で自分だけのウォレット(口座)を開設するだけです。

口座開設には2週間程度かかる場合もあるので、なるべく早めに口座開設の申請を済ませるのがおすすめです。

仮想通貨取引所の選び方とおすすめの取引所まとめ

ビットコインを始める際は、どの仮想通貨取引所を選択すればいいのかわからないという人が多いと思います。

日本国内では、bitFlyer(ビットフライヤー)・coincheck(コインチェック)・Zaif(ザイフ)の3社が大手の取引所になります。

どの取引所でもビットコインを購入できますが、おすすめは3社とも口座開設だけはしておくという選択です。

国内大手の3社で口座開設をしておくのがおすすめ!

現在、仮想通貨はビットコイン以外にも、さまざまなアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)が流通しています。

しかし取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類は違い、取引所を一つだけ選択しても網羅できません。

今はビットコインの投機だけを目的としているかもしれませんが、今後どのアルトコインが高騰するかはわかりませんよね。

ビットコイン以外の仮想通貨が急騰したときに、取り扱っている口座がないだけで乗り遅れてしまっては後悔します。

口座開設の申請は10分程度で済ませられるうえ無料なので、ビットコインを始めるときは複数の取引所で口座開設をしておきましょう。

口座開設の方法とその後の売買の流れ

口座開設する仮想通貨取引所が決まったら、実際に口座開設をして売買を体験してみましょう。

口座開設方法はどの取引所でも変わらず、メールアドレスとパスワードを登録したあと、名前や住所などの個人情報を入力します。

本人確認として運転免許証などの写真が必要になるので、あらかじめ本人確認書類を準備しておきましょう。

本人確認や郵便物での住所確認ができたら、口座開設は完了です。

ビットコインの買い方と売り方

口座開設が完了したら実際にビットコインの売買をするために、日本円を入金しましょう。

銀行振込やクイック入金、コンビニ入金などが可能ですが、必要になる手数料が違うため要注意です。

入金が完了したら、ビットコインの購入が可能になります。

反対にビットコインが自分が購入した金額よりも相場が高いと感じたら、思い切って売ってしまいましょう。

売るときは、最終取引価格よりも高すぎる金額にしないのがコツです。

ビットコインの取引所や販売所を比較してみた!取引方法はそれぞれ違うの?

ビットコインや仮想通貨に興味を持ち、いざ購入しようとすると、どの取引所で購入すればいいのか悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。

仮想通貨の取引所は、日本で利用できるものだけでも10社以上あります。

このページでは、「仮想通貨取引所の比較」から「取引所による取引方法の違い」まで紹介しています。

ビットコインの購入は取引所の選択がポイント

取引所とは、主に個人間で仮想通貨の売買ができる場を提供するプラットフォームです。

ビットコインや仮想通貨の購入は、どの取引所を利用するのかが重要なポイントになってきます。

しかし、取引所の選択で利益に差が出るケースはあまりありません。

使いやすさや安全性、取り扱っている通貨の種類で取引所を選択しましょう。

日本で人気な取引所3社を比較!一番安全で使いやすいのはどれ?

現在、日本で人気を集めている主な取引所は、コインチェック・ザイフ・ビットフライヤーの3社です。

日本で人気のある取引所3社を、安全性や使いやすさ、取り扱っている通貨の種類に特化して比較してみました。

bitflyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは、日本で最多の取引量とユーザー数を誇る大手の取引所です。

資本金が約39億円と日本で一番多く、三菱UFJフィナンシャルグループやみずほフィナンシャルグループ、リクルートなどの大企業が株主として名を連ねています。

仮想通貨は取引所が破産をしたり、ハッキングによって攻撃を受けると自分の資産が消える可能性もあるため、信頼できる取引所のほうがリスクが少ないのは間違いありません。

多少使いにくいと感じる人もいるものの、慣れれば問題ないでしょう。

ビットフライヤーが取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナの6種類です。

coincheck(コインチェック)

コインチェックは、日本国内の取引所の中でも最多の仮想通貨を取り扱っています。

コインチェックが取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・リスク・ファクトム・モネロ・オーガー・リップル・ジーキャッシュ・ネム・ライトコイン・ダッシュ・ビットコインキャッシュの13種類です。

ビットコイン以外のアルトコインが豊富に売買できるだけでなく、ウェブやアプリがシンプルで見やすく、使いやすい点もコインチェックは群を抜いています。

ただし資本金や株主などが不明なので、多少不安は残るでしょう。

Zaif(ザイフ)

ザイフは、日本国内で唯一ビットコインの積立ができる取引所です。

取り扱っている通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ネム・モナコイン・ビットコインキャッシュの5種類になります。

ただしザイフは、ブロックチェーン上で発行した独自のコインであるトークンの取り扱い種類が豊富です。

11種類ものトークンを取り扱っている取引所はザイフだけですが、安全面や使いやすさについては物足りなく感じるでしょう。

一番安全なのはビットフライヤー、使いやすのはコインチェック

ビットフライヤー・コインチェック・ザイフの3社を比較すると、一番安全なのはビットフライヤー、使いやすいのはコインチェックだとわかります。

どちらの取引所で売買をしても利益に差はないので、自分に合った取引所を選択するのが
おすすめです。

どの取引所でも取引方法に違いはない

取引所によっては、取引方法が違うと考えている人もいるかもしれませんが、取引所によって取引方法に違いはありません。

どの取引所でも口座開設・入金・売買・出金という流れになり、入金方法などの違いもあまり変わりません。

取引方法で取引所を選択したいのであれば、まずはどの取引所でも少額で売買をしてみるのが一番ではないでしょうか。

ビットコインは数千円からでも購入できるので、どの取引所が合っているのか少額で売買してみると明確になります。

豊富な種類の仮想通貨を購入したいなら複数の取引所で口座を開設する

日本で人気のある取引所3社を比較してきましたが、実際にはどの取引所でもとりあえず口座開設をしておくのがおすすめです。

今はビットコインの売買だけでいいと考えていても、将来的にさまざまなアルトコインを購入したいと感じるかもしれません。

取引所での口座開設はどこも無料になり、手続きも10分程度で済ませられます。

口座開設だけでも済ましておくと、いざアルトコインが欲しいと思った時にタイムロスなく購入できますよね。

買いたいときに買えない状況を作ってしまわないように、あらかじめどの取引所でも口座開設だけは済ましておくのがいいのではないでしょうか。

ビットコインの税金はいくら?仮想通貨の利益半分が税金になるって本当?

ビットコインなどの仮想通貨で儲けを出したら、確定申告をしなくてはなりません。

ようするに仮想通貨で儲けた分の税金を支払わなくてはいけないということです。

確定申告と聞くと事業者がおこなうイメージがあるかと思いますが、会社勤めのサラリーマンであってもビットコインで利益を得た場合は、期日までに自身で確定申告をする必要があります。

ビットコインは利確20万円以上から税金がかかる

ビットコインなどの仮想通貨で儲けた利益は、給与所得とは別の「雑所得」として扱われます。

年間の雑所得が20万円以上になると確定申告が必要になりますが、20万円以下の場合は税申告をする必要はありません。

つまりビットコインの利確20万円以下なら税納付しなくても良いことになります。

税金が発生するタイミング

ビットコインの税金が発生するタイミングは、利益を得た瞬間になります。

ビットコインを購入して保有している間は税申告をする必要はありませんが、それを売却して利益が確定した時点で納付の義務が生じます。

先ほどでも説明があるように、購入額と売却額の差がマイナスになる、あるいは利益が20万円以下の場合においては申告しなくても問題ありません。

確定申告をするタイミング

1月1日〜12月31日内で儲けた分は、翌年3月15日までに確定申告をする必要があります。

たとえば2017年8月にビットコインを購入し、同年11月に売却してビットコインの利益を得たのなら期日内に確定申告を済ませ、納付の義務を果たさなくてはなりません。

また、ビットコインを利用して何かを購入した場合も同様に税申告が必要になります。

ビットコインの税金はいくらかかる?計算方法について

所得税の税率は、5%から45%の7段階に分類されて所得金額が決定されます。

ビットコインの利益にかかる税金

ビットコインの利益 所得税率 控除額
195万以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 427,500円
695万円超900万円以下 23% 636,000円
900万円を超1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

引用 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

たとえばビットコインで年内700万円の儲けを出した場合には、次のような計算式になります。

計算式

課税される所得金額×所得税率−控除額=納付額
700万円×23%−63万6千円=97万4千円

ビットコインで700万円の儲けを出したら、974,000円の所得税と合わせて住民税(約10%)を納めることになります。

また雑所得は損益分を繰越控除できないため、前年度で損失を負っていても赤字を差し引いて計算することができません。

ビットコインは利益の半分が税金になるって本当?

先ほど計算したのは所得税の金額になり、合わせて住民税の支払いもしなくてはなりません。これらを合算させると、利益の半分以上が税金の支払いで消えることになります。

1億円の利益を出した場合の税金
  • 1億×45%−479.6万円=所得税4,020千万円
  • 住民税10%で1,000万円
  • 国民保険料が上限で85万

これらを合算すると約5,105万円の税金を納付することになります。

1億円儲けを出して「億り人(おくりびと)」の仲間入りをしても、事実上は5千万円以下の報酬しか得られていないことになります。

税金の仕組みを知らずに長年欲しかった高級車を購入し、翌年税金が支払えなくて破産してしまうなどの事例も少なくありません。

利益の半分は税金で取られるという認識を持ち、くれぐれもお金を使いすぎないように気をつけてください。

ビットコインの税金は申告しなくてもバレない?

2017年以降からビットコインの時価総額が右肩上がりとなり、ビットコイン長者が数多く誕生しました。

国税庁は利益を得た投機家らをリストアップし、税逃れを防ぐ対策を講じています。

故意に税金を申告しなかった場合は、無申告ペナルティーを受けて納税額15%〜20%の無申告加算税が課せられます。

先ほどの1億円の儲けを出した場合で例示しますと、1,021万円の税金を余分に支払うことになるのです。

利益を出した金額が大きくなるほどバレやすくなり、また後日のペナルティーも大きくなりますので、必ず申告しておいたほうがいいでしょう。

学生・専業主婦でも利益が出たら申告が必要?

被扶養者である学生や専業主婦の場合は、38万円の基礎控除が適用されますので、これを下回る利益であれば確定申告は必要ありません。

38万円以上なら税金の支払い義務が生じますが、38万円を下回るのなら税金を支払わなくても良いことになります。

将来性のあるアルトコインを紹介!買い方とおすすめの取引所3選

「これからはビットコインよりもアルトコインがアツい」と言っている投資家もいます。

最近では情報量も増えてきたことから、初心者でもアルトコイン投資を始める人は少なくありません。

この記事では、「将来性のあるアルトコイン」から「アルトコインの買い方」、「おすすめのアルトコイン取引所」を紹介していきますので、アルトコイン投資を検討している人はぜひ参考にしてください。

将来性のあるアルトコインを紹介!

誰の目にも止まらずに消えていったアルトコインから、ビットコインと並ぶほどの注目を集めているアルトコインまで、現在では1,000種類以上の仮想通貨が存在します。

その中で、将来性のあるアルトコインは以下のとおりです。

  • イーサリアム
  • ネム
  • リップル

この3つの仮想通貨は安定感や信頼性があるだけでなく、これからまだまだ価格上昇する期待が持てるため、アルトコイン投資への夢を膨らませることができます。

時価総額2位の「イーサリアム」

イーサリアムはビットコインの仕組みから発展した機能を持っており、ビットコインに次いで時価総額2位の仮想通貨です。

現在ではビットコインに続き、定番の仮想通貨になっています。

一部の投資家からは、今後ビットコインを抜くのではないかと予想されているほどです。

初心者でも手をつけやすい「ネム」

ネムは、価格が最高74倍になったことから話題になった仮想通貨です。

開発者の中に日本人がいたことから情報が豊富にあり、初心者でも手をつけやすいという特徴があります。

爆上げの可能性を秘めている「リップル」

リップルは国際送金の革命を目指している仮想通貨で、大手銀行もリップルの利用を表明したことで注目を集めています。

外国為替送金の即時決済ネットワークとしての期待値が高く、これからまだまだ価格上昇の可能性を秘めています。

 

ポイント:これらのアルトコインは、どこで購入できるのか気になった人も多いと思います。
イーサリアムとネム、リップルが買える取引所については、後述で紹介しますので参考にしてください。

アルトコインの買い方

初めてアルトコイン投資をするという人は、アルトコインをどうやって購入すれば良いのか分からないと思います。

投資というと難しそうに感じるかもしれませんが、アルトコインの購入は非常に簡単です。

アルトコインの買い方は、以下のとおりです。

  1. 取引所に口座を開設をする
  2. 日本円を入金する
  3. 購入するアルトコインを選ぶ
  4. 選んだアルトコインを購入する

まず、取引所にアクセスしてメールアドレスとパスワード、個人情報を入力します。

運転免許証などの本人確認書類を写真で撮って提出すると、2〜3日後に登録完了のハガキが届き、口座開設は完了です。

あとは口座に日本円を入金し、アルトコインを選んで購入するだけでアルトコイン投資を始められます。

おすすめのアルトコインについては上述で紹介しましたが、どのアルトコインを購入するか以上に大切なのが、取引所の選択です。

信頼できる取引所を選ばないと、ハッキング被害に遭って仮想通貨が消失してしまったり、手数料が高くて取引するたびに無駄なお金を支払わなければならなかったりします。

アルトコイン取引所おすすめランキング

アルトコイン投資では、どの取引所で買うかの選択が非常に重要になります。

アルトコイン投資をはじめるのにおすすめの取引所は、以下のとおりです。

初心者は「コインチェック」がベスト!

これから仮想通貨投資を始める人におすすめの取引所は、コインチェックです。

コインチェックは取引高日本一で、主要の取引所の中で最も多くの仮想通貨を取り扱っているという特徴があります。

上述で紹介したイーサリアムとネム、リップルについてもすべて取り扱いがあります。

セキュリティが高く、盗難補償もあるという点も、人気を集めている理由の一つでしょう。

とにかく低リスクで投資を始めたい人は「Zaif(ザイフ)」もおすすめ

とにかく低リスクでアルトコイン投資を始めたいという人には、Zaif取引所もおすすめです。

Zaifは手数料が−0.01%で、仮想通貨を売買取引すると逆にボーナスがもらえるという仕組みになっています。

自動積立投資という毎月一定額を投資するシステムもあるので、どのタイミングで買えば良いか分からないという人には良いかもしれません。

「ビットフライヤー」はセキュリティ体制が万全

セキュリティに力を入れているビットフライヤーも、初心者におすすめの取引所の一つです。

大手プロバイダであるDigiCert(デジサート)の次世代暗号を導入しているビットフライヤーなら、ハッキング被害に遭うリスクは低いでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の買い方|おすすめの取引所や将来性について

仮想通貨であるビットコインを購入した人の中には、ビットコインキャッシュがどんなものか気になっている人が多いのではないでしょうか。

ビットコインキャッシュは、ビットコインが派生して生まれた比較的新しいアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)です。

ビットコインキャッシュの買い方やおすすめの取引所について、紹介していきましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日にビットコインがハードウォークして誕生しました。

ハードウォークを簡単に説明すると「のれん分け」のことで、ビットコインの性質を保持しながら新しい性質を付け加えたのがビットコインキャッシュになります。

よくビットコインと同じものだと認識されますが、実際は全くの別物です。

ビットコインが消滅してもビットコインキャッシュが共倒れすることはありませんし、ビットコインキャッシュが急下落してもビットコインには影響ありません。

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

ビットコインキャッシュはビットコインから派生したアルトコインですが、全く違う仮想通貨として扱われています。

ビットコインの問題点をクリアしたものがビットコインキャッシュになっており、ビットコインよりも安心して売買できるのが特徴です。

仮想通貨においては、ブロックサイズと呼ばれる取引台帳の容量が一番重要になります。

最近はビットコインの取引量が増えているため、取引スピードが遅かったりシステムの安全性に不安が出てきたり、ブロックサイズの容量が少ないと感じるケースが多々あります。

しかし、ビットコインキャッシュはビットコインの約8倍のブロックサイズを誇っているため、安心して利用できるのが大きな違いです。

ビットコインキャッシュの買い方とおすすめの取引所

ビットコインキャッシュを売買できる取引所は増えてきていますが、その中でもおすすめの取引所を紹介していきましょう。

取引所を選択するときのポイントは、販売所と取引所のどちらで購入できるのかという点と手数料の割合です。

  • bitflyer(ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)

bitflyer(ビットフライヤー)

bitflyer(ビットフライヤー)は、販売所と取引所の両方でビットコインキャッシュの売買ができます。

一般的に販売所の指値買いは目に見えない手数料であるスプレッドが高いため、取引所のユーザー間でおこなう売買がおすすめです。

ビットフライヤーはビットコインキャッシュが売買できる取引所の中でも手数料が安く、取引量が多いです。

取引所での売買は自分の好きなタイミングで購入できるわけではないので、なるべく取引量が多い取引所を選ぶとチャンスが増えます。

coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)は、販売所でビットコインキャッシュを購入できる取引所になります。

ビットコインキャッシュを長期で保有するのであれば販売所での購入がおすすめですが、短期で投機をする人には向いていないかもしれません。

国内でも最多の仮想通貨を取り扱っているコインチェックですが、自分が短期で売買をするのか、長期で保有するのかを見極めて取引所の選択をしましょう。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は取引所でのみ、ビットコインキャッシュの売買が可能です。

ザイフは取引所での売買のみなので手数料などがほとんどかからず、スプレッドなどの心配も必要ありません。

ザイフの特徴は毎月一定額で仮想通貨を購入できる積み立て制度があることですが、現在はビットコインキャッシュでの積み立てに対応していません。

今後対応していく見込みはあるので、ザイフでの購入も視野に入れておくのがおすすめです。

リスク減を目指すなら複数の口座を開設しておくのがおすすめ

ビットコインキャッシュの売買をするのであれば、販売所でも取引所でも購入できるビットフライヤーがおすすめです。

ただし取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類は違い、今後も新しい仮想通貨が増えるかもしれません。

ビットフライヤー・コインチェック・ザイフの3つで口座開設をしておけば、ほとんどの仮想通貨が網羅できるうえ、新しい仮想通貨の参入にもいち早く対応できます。

口座開設は10分程度で済ませられるうえ無料なので、今すぐ手続きをしておかないともったいないですよ。

今後ビットコインキャッシュは上がる?下がる?将来性は?

今後ビットコインキャッシュは価格が上がるのか、下がるのか、将来性に不安を感じている人も多いと思います。

ビットコインキャッシュは大きな企業に注目されており、ビットコインに変わる仮想通貨だとも言われています。

ビットコインが今後暴落する可能性があるように、ビットコインキャッシュが急騰する可能性も少なくありません。

ビットコインとビットコインキャッシュが逆転する時代も、そう遠くはないのかもしれません。

モナコインの買い方とおすすめの取引所|今後の使い道と将来性について

最近話題の仮想通貨について興味を持っている人は、モナコインを購入しておくべきなのか悩んでいるのではないでしょうか。

モナコインは日本で生まれた仮想通貨ですが、注目されている理由は国産という独自性だけではありません。

モナコインを購入するときにおすすめの取引所や、今後の将来性について紹介していきたいと思います。

モナコインとは|アルトコインの中でも人気な理由

モナコインは、日本で生まれたアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)です。

日本発祥というスペックを持っているため日本人から注目されていますが、価格が高騰してきている理由はそれだけではありません。

モナコインには他のアルトコインにはない、独自の特徴が数多く隠されています。

  • 社会で利用できるシーンが増えてきている
  • ビットコイン以上の技術力がある
  • 根強いファンが多い

現在、仮想通貨の売買はほとんどが投機を目的としています。

しかし、モナコインは現実社会でも利用できるシーンが増えてきており、デジタルコンテンツが売買できる「Monappy」、ツイッターでモナコインが送れる「tipmona」、モナコインを投げ銭できる掲示板の「Ask Mona」、生活用品などが購入できる「ビットコインモール」など、実際に通貨として支払いができるようになってきています。

さらに、ビットコイン以上の能力を秘めているのがモナコインです。

仮想通貨は処理スピードが重要になりますが、モナコインはビットコインに比べて6倍の処理スピードを保持しています。

モナコインには根強いファンが多いのも特徴で、今後成長が期待できるアルトコインの一つです。

モナコインの買い方とおすすめの取引所

モナコインは今後も成長が期待できるアルトコインですが、売買できる取引所はあまり多くありません。

あらかじめ、仮想通貨を購入するときは短期売買をするなら取引所、長期保有をするなら販売所での購入が有利と理解したうえ、おすすめの取引所を紹介していきましょう。

  • Zaif(ザイフ)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンク)

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はモナコインを取引所で売買できるため、手数料がほとんどかからないのがメリットです。

毎月一定の金額で仮想通貨を購入するコイン積立制度も利用でき、リスクを減らせられるのが大きなポイントではないでしょうか。

モナコインの売買を始めるなら、ザイフを選択するのがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、モナコインを販売所で購入できる取引所になります。

モナコインの売買は販売所のみになるため、短期で売買をおこなう投機を目的としている人には、目に見えない手数料であるスプレッドが高くなるのがデメリットです。

しかし、まとまった金額でモナコインを購入し、長期保有する人にはビットフライヤーが向いています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、取引板を利用してモナコインを売買できる取引所になります。

手数料やスプレッドが小さいため、短期で何度も売買をしたい人におすすめです。

しかしザイフやビットフライヤーに比べ、まだまだ取引量が少ないため売買できるチャンスが少ないのがデメリットではないでしょうか。

モナコインを購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

モナコインを一番お得に購入したいのであれば、ザイフの利用がおすすめです。

ザイフはモナコインの売買におけるスプレッドや手数料がほとんどなく、短期で利確を得ようとしてもリスクがありません。

毎月一定の金額でモナコインを積み立てできるのも、仮想通貨初心者にとっては安心して売買ができる重要なポイントです。

リスクを減らすなら複数の口座を開設しておく

モナコインの購入はザイフがおすすめだと紹介しましたが、余裕がある人は複数の口座を開設しておきましょう。

仮想通貨は取引所によって取り扱っているコインが違いますが、いつモナコインを違う仮想通貨にトレードしたいと考えるかわかりません。

Zaif(ザイフ)・bitFlyer(ビットフライヤー)・bitbank(ビットバンク)の3つを口座開設しておくと、いつでもモナコインを移動して売買できるだけでなく、新しい仮想通貨が追加されたときに乗り遅れずに参入できます。

口座開設は10分程度で済ませられるうえ無料なので、今すぐ口座開設をしておかないともったいないですよ。

モナコインの将来性は?長期的に保有するのがおすすめ

モナコインはまだまだ世界的に認知されていませんが、日本中で支持している人が多いため今後も利用出来るシーンが増える見込みがあります。

時価総額が他のアルトコインよりも低いため、短期売買よりも長期的に保有するのが向いているのではないでしょうか。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の将来性は?おすすめの取引所と購入方法・買い方

NEM(ネム)は、まだまだこれから価格高騰する可能性を秘めているアルトコインです。

価格が最高74倍になったことで話題になったため、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「そもそもNEM(ネム)とは」から「NEM(ネム)の将来性」、「NEM(ネム)を購入できるおすすめの取引所と買い方」について紹介していきます。

仮想通貨NEM(ネム)とは

仮想通貨のNEM(ネム)とは、New Economy Movement(新しい経済運動)の略称で、国や政府に縛られない自由な経済を目指したプロジェクトが基となって作られたコインです。

少し紛らわしいのですが、NEM(ネム)の単位はXEM(ゼム)になります。

NEM(ネム)はビットコインの弱点を改善して作られており、開発者の中に日本人がいたことから知名度を高めました。

アルトコインは情報量が少ないことも珍しくありませんが、NEM(ネム)は情報が豊富にあるため、初心者でも手をつけやすいという特徴があります。

NEM(ネム)は銀行口座を開設せずに送受信をおこなうことができ、安全かつ低コストで利用できるため、仮想通貨投資の初心者から上級者まで幅広く人気を集めています。

仮想通貨NEM(ネム)の今後・将来性について

NEM(ネム)は価格が最高74倍になったことから話題になりましたが、今後さらに上昇していく上げ材料があり、将来性のあるコインと言えます。

カタパルトという仮想通貨の高速処理技術の実装が決定していることが、NEM(ネム)が将来性のあるコインであると言える最大の理由です。

カタパルトの実装がネムの今後を左右する

カタパルトの実装が、ネムの今後を左右する大きなポイントです。

カタパルトがNEM(ネム)に実装されると、取引(トラザクション)が高速化され、入出金がスムーズにおこなえるようになります。

流通量が増えても、その取引を処理する技術がなければ発展することはできません。

現在はリップルが1秒1,500取引と最も早いのですが、ネムに実装されるカタパルトは1秒3,000〜4,000取引が可能になるため、リップルの倍以上の早さで処理できるようになるということです。

1,000種類以上あるアルトコインの中で生き抜いていくためには、処理能力の高さは非常に重要であり、カタパルトが実装されるネムは将来性が期待できます。

韓国の取引所への上場によって流通量が増える見込みがある

NEM(ネム)は、韓国の取引所「Coinroom」に上場することが決まっています。

韓国は仮想通貨取引量が非常に多く、仮想通貨大国とも言われています。

そんな韓国の取引所に上場することが決まっているNEM(ネム)は、これからさらなる価格高騰が期待できます。

NEM(ネム)を購入できるおすすめの取引所

NEM(ネム)を購入できる取引所の中で、初心者におすすめの取引所は以下のとおりです。

  • コインチェック
  • ザイフ

コインチェックは初心者にベストな取引所

初心者がNEM(ネム)を購入するなら、コインチェックがベストです。

コインチェックはセキュリティの高さや使いやすさから人気を集めており、日本一の取引高を誇っています。

仮想通貨投資では取引所がハッキングされるリスクが懸念されていますが、コインチェックならコールドウォレットというインターネットと完全に切り離されたウォレットで仮想通貨を管理するシステムなどにより、安心して利用できる環境が整えられています。

また専用アプリによってスマートフォンからいつでも、どこでも値動きを確認できるというのも、コインチェックが選ばれる理由の一つです。

Zaif(ザイフ)取引所も手数料が安くておすすめ

NEM(ネム)を購入するなら、手数料が安いZaif取引所もおすすめです。

Zaif取引所の取引手数料は、−0.01%となっています。

「手数料がマイナスってどういうこと?」と思われる人も多いのではないでしょうか。

取引手数料が-0.01%というのは、取引するたびに0.01%のボーナスが受け取れるということです。

少額取引や複数回の取引をおこなう際にネックとなる手数料がかからないZaifは、初心者でも使いやすい優良取引所です。

NEM(ネム)の買い方

では、NEM(ネム)の購入方法について紹介していきます。

NEM(ネム)の買い方の手順は、以下のとおりです。

  1. 取引所に口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. NEM(ネム)を購入する

まず、上記で紹介したようなNEM(ネム)を取り扱っている取引所で、口座を開設してください。

口座はメールアドレスとパスワード、個人情報を入力し、本人確認書類をネット上で提出すれば簡単に開設できます。

口座が開設できたら日本円を入金し、入金したお金でNEM(ネム)を購入します。

金額や数量は自由に決めることができるため、いくら投資するのか事前に決めておくと良いでしょう。