モナコインの買い方とおすすめの取引所|今後の使い道と将来性について

最近話題の仮想通貨について興味を持っている人は、モナコインを購入しておくべきなのか悩んでいるのではないでしょうか。

モナコインは日本で生まれた仮想通貨ですが、注目されている理由は国産という独自性だけではありません。

モナコインを購入するときにおすすめの取引所や、今後の将来性について紹介していきたいと思います。

モナコインとは|アルトコインの中でも人気な理由

モナコインは、日本で生まれたアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)です。

日本発祥というスペックを持っているため日本人から注目されていますが、価格が高騰してきている理由はそれだけではありません。

モナコインには他のアルトコインにはない、独自の特徴が数多く隠されています。

  • 社会で利用できるシーンが増えてきている
  • ビットコイン以上の技術力がある
  • 根強いファンが多い

現在、仮想通貨の売買はほとんどが投機を目的としています。

しかし、モナコインは現実社会でも利用できるシーンが増えてきており、デジタルコンテンツが売買できる「Monappy」、ツイッターでモナコインが送れる「tipmona」、モナコインを投げ銭できる掲示板の「Ask Mona」、生活用品などが購入できる「ビットコインモール」など、実際に通貨として支払いができるようになってきています。

さらに、ビットコイン以上の能力を秘めているのがモナコインです。

仮想通貨は処理スピードが重要になりますが、モナコインはビットコインに比べて6倍の処理スピードを保持しています。

モナコインには根強いファンが多いのも特徴で、今後成長が期待できるアルトコインの一つです。

モナコインの買い方とおすすめの取引所

モナコインは今後も成長が期待できるアルトコインですが、売買できる取引所はあまり多くありません。

あらかじめ、仮想通貨を購入するときは短期売買をするなら取引所、長期保有をするなら販売所での購入が有利と理解したうえ、おすすめの取引所を紹介していきましょう。

  • Zaif(ザイフ)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンク)

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はモナコインを取引所で売買できるため、手数料がほとんどかからないのがメリットです。

毎月一定の金額で仮想通貨を購入するコイン積立制度も利用でき、リスクを減らせられるのが大きなポイントではないでしょうか。

モナコインの売買を始めるなら、ザイフを選択するのがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、モナコインを販売所で購入できる取引所になります。

モナコインの売買は販売所のみになるため、短期で売買をおこなう投機を目的としている人には、目に見えない手数料であるスプレッドが高くなるのがデメリットです。

しかし、まとまった金額でモナコインを購入し、長期保有する人にはビットフライヤーが向いています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、取引板を利用してモナコインを売買できる取引所になります。

手数料やスプレッドが小さいため、短期で何度も売買をしたい人におすすめです。

しかしザイフやビットフライヤーに比べ、まだまだ取引量が少ないため売買できるチャンスが少ないのがデメリットではないでしょうか。

モナコインを購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

モナコインを一番お得に購入したいのであれば、ザイフの利用がおすすめです。

ザイフはモナコインの売買におけるスプレッドや手数料がほとんどなく、短期で利確を得ようとしてもリスクがありません。

毎月一定の金額でモナコインを積み立てできるのも、仮想通貨初心者にとっては安心して売買ができる重要なポイントです。

リスクを減らすなら複数の口座を開設しておく

モナコインの購入はザイフがおすすめだと紹介しましたが、余裕がある人は複数の口座を開設しておきましょう。

仮想通貨は取引所によって取り扱っているコインが違いますが、いつモナコインを違う仮想通貨にトレードしたいと考えるかわかりません。

Zaif(ザイフ)・bitFlyer(ビットフライヤー)・bitbank(ビットバンク)の3つを口座開設しておくと、いつでもモナコインを移動して売買できるだけでなく、新しい仮想通貨が追加されたときに乗り遅れずに参入できます。

口座開設は10分程度で済ませられるうえ無料なので、今すぐ口座開設をしておかないともったいないですよ。

モナコインの将来性は?長期的に保有するのがおすすめ

モナコインはまだまだ世界的に認知されていませんが、日本中で支持している人が多いため今後も利用出来るシーンが増える見込みがあります。

時価総額が他のアルトコインよりも低いため、短期売買よりも長期的に保有するのが向いているのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。