仮想通貨ネム(NEM/XEM)の将来性は?おすすめの取引所と購入方法・買い方

NEM(ネム)は、まだまだこれから価格高騰する可能性を秘めているアルトコインです。

価格が最高74倍になったことで話題になったため、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「そもそもNEM(ネム)とは」から「NEM(ネム)の将来性」、「NEM(ネム)を購入できるおすすめの取引所と買い方」について紹介していきます。

仮想通貨NEM(ネム)とは

仮想通貨のNEM(ネム)とは、New Economy Movement(新しい経済運動)の略称で、国や政府に縛られない自由な経済を目指したプロジェクトが基となって作られたコインです。

少し紛らわしいのですが、NEM(ネム)の単位はXEM(ゼム)になります。

NEM(ネム)はビットコインの弱点を改善して作られており、開発者の中に日本人がいたことから知名度を高めました。

アルトコインは情報量が少ないことも珍しくありませんが、NEM(ネム)は情報が豊富にあるため、初心者でも手をつけやすいという特徴があります。

NEM(ネム)は銀行口座を開設せずに送受信をおこなうことができ、安全かつ低コストで利用できるため、仮想通貨投資の初心者から上級者まで幅広く人気を集めています。

仮想通貨NEM(ネム)の今後・将来性について

NEM(ネム)は価格が最高74倍になったことから話題になりましたが、今後さらに上昇していく上げ材料があり、将来性のあるコインと言えます。

カタパルトという仮想通貨の高速処理技術の実装が決定していることが、NEM(ネム)が将来性のあるコインであると言える最大の理由です。

カタパルトの実装がネムの今後を左右する

カタパルトの実装が、ネムの今後を左右する大きなポイントです。

カタパルトがNEM(ネム)に実装されると、取引(トラザクション)が高速化され、入出金がスムーズにおこなえるようになります。

流通量が増えても、その取引を処理する技術がなければ発展することはできません。

現在はリップルが1秒1,500取引と最も早いのですが、ネムに実装されるカタパルトは1秒3,000〜4,000取引が可能になるため、リップルの倍以上の早さで処理できるようになるということです。

1,000種類以上あるアルトコインの中で生き抜いていくためには、処理能力の高さは非常に重要であり、カタパルトが実装されるネムは将来性が期待できます。

韓国の取引所への上場によって流通量が増える見込みがある

NEM(ネム)は、韓国の取引所「Coinroom」に上場することが決まっています。

韓国は仮想通貨取引量が非常に多く、仮想通貨大国とも言われています。

そんな韓国の取引所に上場することが決まっているNEM(ネム)は、これからさらなる価格高騰が期待できます。

NEM(ネム)を購入できるおすすめの取引所

NEM(ネム)を購入できる取引所の中で、初心者におすすめの取引所は以下のとおりです。

  • コインチェック
  • ザイフ

コインチェックは初心者にベストな取引所

初心者がNEM(ネム)を購入するなら、コインチェックがベストです。

コインチェックはセキュリティの高さや使いやすさから人気を集めており、日本一の取引高を誇っています。

仮想通貨投資では取引所がハッキングされるリスクが懸念されていますが、コインチェックならコールドウォレットというインターネットと完全に切り離されたウォレットで仮想通貨を管理するシステムなどにより、安心して利用できる環境が整えられています。

また専用アプリによってスマートフォンからいつでも、どこでも値動きを確認できるというのも、コインチェックが選ばれる理由の一つです。

Zaif(ザイフ)取引所も手数料が安くておすすめ

NEM(ネム)を購入するなら、手数料が安いZaif取引所もおすすめです。

Zaif取引所の取引手数料は、−0.01%となっています。

「手数料がマイナスってどういうこと?」と思われる人も多いのではないでしょうか。

取引手数料が-0.01%というのは、取引するたびに0.01%のボーナスが受け取れるということです。

少額取引や複数回の取引をおこなう際にネックとなる手数料がかからないZaifは、初心者でも使いやすい優良取引所です。

NEM(ネム)の買い方

では、NEM(ネム)の購入方法について紹介していきます。

NEM(ネム)の買い方の手順は、以下のとおりです。

  1. 取引所に口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. NEM(ネム)を購入する

まず、上記で紹介したようなNEM(ネム)を取り扱っている取引所で、口座を開設してください。

口座はメールアドレスとパスワード、個人情報を入力し、本人確認書類をネット上で提出すれば簡単に開設できます。

口座が開設できたら日本円を入金し、入金したお金でNEM(ネム)を購入します。

金額や数量は自由に決めることができるため、いくら投資するのか事前に決めておくと良いでしょう。

SNSでもご購読できます。