ビットコインの始め方|初心者でも失敗しない投資方法について解説

最近は仮想通貨である「ビットコイン」に興味を持ち始めている人も増えてきていると思います。

しかしほとんどの人が仮想通貨について多少の知識を持っていても、実際に購入した経験がないのではないでしょうか。

このページでは、初心者でも失敗しないビットコインの始め方を紹介していきたいと思います。

ビットコインの購入をする前に知っておくべき注意点

ビットコインを始めるためには、あらかじめ知っておくべき注意点があります。

ただ漠然とビットコインを購入するのではなく、注意点を抑えたうえでビットコインの購入をしましょう。

  • 仮想通貨の大手であるビットコインから始める
  • チャンスを逃さないために口座開設だけはしておく
  • とりあえず少額から試して投資に触れてみる

仮想通貨の大手であるビットコインから始める

仮想通貨の売買を始めるときは、大手の銘柄であるビットコインからスタートさせましょう。

草コインと呼ばれる無名の仮想通貨を購入する選択肢もありますが、無名の仮想通貨では売買をすることなく消滅する恐れもあります。

まずはビットコインで仮想通貨取引の仕組みを知り、売買を成立させることが重要です。

チャンスを逃さないために口座開設だけはしておく

ビットコインはアプリなどで価格変動を確認できますが、仮想通貨専用の口座を開設しないと購入できません。

口座開設さえしておけば、あとは自分の好きなタイミングで入金・売買ができるので早めに口座開設をしておくのがおすすめです。

仮想通貨に関する情報収集は、口座開設をした後でも問題ありません。

とりあえず少額から試して投資に触れてみる

ビットコインを始めるときは、まず少額で売買をして投資という仕組みに触れてみましょう。

実際に口座を開設してみると、同じ価格変動を見ているだけでも世界が違ってみえます。

どのように売買をしたら利確を生み出せるのか、実際に自分で体感するのが一番です。

ビットコインを始めるときに必要なものまとめ

ビットコインを始めるときは注意点を理解するほかに、あらかじめ準備しておくべきものがあります。

仮想通貨の売買には、下記の3つが揃っていれば問題ありません。

  • インターネット環境が整っているスマートフォンやパソコン
  • ビットコインを購入するための資金
  • ビットコインを管理する専用のウォレット(口座)

仮想通貨の売買は全てインターネット上でおこなうため、常にインターネット環境が整っている必要があります。

ビットコインを購入するには日本円での入金が必要なので、資金を数千円〜数万円程度準備しておきましょう。

ここまで準備ができれば、あとは仮想通貨取引所で自分だけのウォレット(口座)を開設するだけです。

口座開設には2週間程度かかる場合もあるので、なるべく早めに口座開設の申請を済ませるのがおすすめです。

仮想通貨取引所の選び方とおすすめの取引所まとめ

ビットコインを始める際は、どの仮想通貨取引所を選択すればいいのかわからないという人が多いと思います。

日本国内では、bitFlyer(ビットフライヤー)・coincheck(コインチェック)・Zaif(ザイフ)の3社が大手の取引所になります。

どの取引所でもビットコインを購入できますが、おすすめは3社とも口座開設だけはしておくという選択です。

国内大手の3社で口座開設をしておくのがおすすめ!

現在、仮想通貨はビットコイン以外にも、さまざまなアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)が流通しています。

しかし取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類は違い、取引所を一つだけ選択しても網羅できません。

今はビットコインの投機だけを目的としているかもしれませんが、今後どのアルトコインが高騰するかはわかりませんよね。

ビットコイン以外の仮想通貨が急騰したときに、取り扱っている口座がないだけで乗り遅れてしまっては後悔します。

口座開設の申請は10分程度で済ませられるうえ無料なので、ビットコインを始めるときは複数の取引所で口座開設をしておきましょう。

口座開設の方法とその後の売買の流れ

口座開設する仮想通貨取引所が決まったら、実際に口座開設をして売買を体験してみましょう。

口座開設方法はどの取引所でも変わらず、メールアドレスとパスワードを登録したあと、名前や住所などの個人情報を入力します。

本人確認として運転免許証などの写真が必要になるので、あらかじめ本人確認書類を準備しておきましょう。

本人確認や郵便物での住所確認ができたら、口座開設は完了です。

ビットコインの買い方と売り方

口座開設が完了したら実際にビットコインの売買をするために、日本円を入金しましょう。

銀行振込やクイック入金、コンビニ入金などが可能ですが、必要になる手数料が違うため要注意です。

入金が完了したら、ビットコインの購入が可能になります。

反対にビットコインが自分が購入した金額よりも相場が高いと感じたら、思い切って売ってしまいましょう。

売るときは、最終取引価格よりも高すぎる金額にしないのがコツです。

SNSでもご購読できます。